上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Miu Miu(ミュウミュウ)というブランドは ご存知、PRADA(プラダ)の創業者マリオ・プラダの孫娘である ミウッチャ・プラダが立ち上げた、プラダのセカンドラインです。 ミュウミュウというブランド名は、 ミウッチャの子供の頃のニックネームに由来しています。 可愛らしいあだ名ですよね(*^^*) もし友達だったら、用もないのにやたら呼んでしまいそうです(笑) プラダよりも若い世代に人気のミュウミュウ。 プラダの伝統や品質など、良いところをしっかり受け継ぎつつ、 自由な発想やアイデアを取り入れ、 シンプルな中にも、他に類のない独特のデザインを生み出しています。 ハードさと甘さを兼ね備えたテイストは、 まるでくるくる表情が変わる女のコのように、 飽きずに魅力的です。 そんなところが、 世界中の若者を中心に、幅広い年代から 支持されている理由かもしれません。 09年春夏パリ・コレクションでは新作が発表されています。 斬新でアバンギャルドな要素がマッチしたファッションが とっても可愛いです!(>ー<)b 当店でも人気があるので品薄ですっ! お早めにどうぞ~(^o^)

私の運営するネットショップ「ブランドショップ 激安ブランドパーク」はこちらから







ギリシャのカラリテス地方の銀細工師ソティリオ・ブルガリは、1884年にローマのシスティーナ地方に店を構えました。1905年、息子のコンスタンティノとジョルジョの協力で、コンドッティ通りに店を移転し、現在のブルガリの本店となっています。父ソティリオの死後、宝飾品に魅せられた兄弟は、フランスの宝飾様式を離れ古典主義なギリシャやローマのイタリアン・ルネッサンス、19世紀ローマ派の金細工師たちに触発されたユニークなスタイルを宝飾に取り入れた斬新なブルガリ・スタイルを確立し、ローマやギリシャのアンティーク・コインをモダンジュエリーに取り入れたコレクションを発表しました。歴史を物語るコインの肖像の魅力と相まって人気を高め、肖像が描かれたコインが宝石のように美しくマウントされたコレクションは、ブルガリを象徴するものとなりました。 1977年には「ブルガリ・ブルガリ」ウォッチが誕生しました。ブルガリは1940年代から時計の製作をはじめていましたが、正式なコレクションを開始したのはこのときからです。1990年代には香水、磁器を素材にしたジュエリー、アイウエア、スカーフコレクション、レザーコレクション、ホームデザインを次々と発表しました。さらに、2001年にはブルガリホテルズ&リゾーツの設立を発表。2004年にはミラノに、2006年にはバリ島にブルガリホテルがオープンしています。
ココ・シャネル(本名ガブリエル・シャネル)は1883年フランス南西部の救済病院で生まれ、孤児院や修道院で育ちました。修道院での生活で、シャネルはお針子としての技術を身につけたのです。 “ココ”とは、踊り子を志して田舎町のキャバレーで踊っていたころにつけられた愛称です。その後、英国の青年実業家と知り合い、彼のバックアップを得て、1910年パリに帽子屋を開店しました。飾りのないシンプルな帽子は人気となりました。3年後にはフランス北部ドーヴィルに最初のモード・ブティックを、さらにその3年後にはリゾート地ビアリッツに「メゾン・ド・クチュール」をオープンしました。 1919年、クチュリエとしてオートクチュールのコレクションを発表します。シャネルは女性を「コルセットから解放した」と言われていますが、コルセットを外すスタイルは、ポール・ポワレ、ランバンなどがすでに始めており、シャネルが先陣をきったわけではありません。ただし機能的な側面を考えると、シャネルやジャン・パトゥなどの功績は大きく、そのファッション哲学は女性の社会進出の先駆けとなったのです。身軽で動きやすい服を求めて、男性用の下着に使われていたジャージ素材を取り入れたり、紳士ものであるツイード素材を女性用スーツに仕立て、女性がパンツを履くなどのスタイルを提案したりしました。1921年には最も有名な香水№5が登場します。また、シャネルは化粧品の開発にもたいへん熱心でした。 1939年には、第二次世界大戦の影響で15年もの間ブティックの閉鎖を余儀なくされますが、1954年には復活します。 1971年、ココ・シャネルは87年の生涯を閉じます。1983年にデザイナーに就任にしたカール・ラガーフェルドのもとで、プレタポルテ・ジュエリー・香水・化粧品など様々なアイテムを展開し、ココ・シャネルの魂を現代に伝えています。
今日はご存知、D&G (ドルチェ&ガッバーナ)、通称ドルガバについて少し。 「ドルガバ」というと、 ちょっと個性的すぎる・・・ アニマル柄が多い・・・などなど 好き嫌いがハッキリするブランドかもしれません。 でも、たまには思いっきりイメチェンしてみたくなることってありませんか? お洋服やバッグ、小物など、いつも同じ傾向の同じテイストのものばかり・・・ なんてことありませんか? 私のクローゼットも、例外なく偏りがちです。。。 たまに気分を変えたい時など、身に着けるものを少し変えるだけでも 変身した気分を味わえたりするものです。 そんな時に「ドルガバ」は活躍してくれますよ~ 私のお店でも、「ドルガバ」商品を多数扱っていますので、 よろしければ、ぜひ、ご来店下さいね。(*^▽^*) お待ちしております m(_ _)m
1925年、フェンディを創業したエドアルド&アドーレ・フェンディ夫妻は、高度な技術を持つ職人を雇い、上質な革製品の製造を目指しました。また、ハリウッドで流行っていた毛皮のコートを販売し一躍その名を広め、創業間もなく人気のメゾンとなります。1965年には新進のデザイナーでありながら、当時すでにパリでその才能が話題となっていたカール・ラガーフェルドをデザイナーとして迎え入れました。翌年のコレクションでは、硬く重い印象のあったクラシックな毛皮を、明るくて軽く柔らかいものとして送り出し、大きな反響を呼びました。また、毛皮だけでなく染色加工を施された革製品も人気を呼び、特にバッグは毛皮と並び、高い人気を誇るアイテムとして世界中に広まります。1977年からは、プレタポルテのコレクションも始まり、世界的なブランドとして多角的な商品の展開を開始。現在でもミラノコレクションに参加し、毎シーズン人々を魅了しています。そして1997年、次女アンナの娘シルビア・ベントゥリーニがデザインしたバッグである「バゲット」がデビュー。バゲットパンにちなんで名づけられたこのバッグは世界的なヒットとなり、フェンディのアイコン的なアイテムとなっています。また、2005年にはコロンとしたフォルムが特徴的な「スパイバッグ」が登場。「バゲット」に続く人気アイテムとなっています。2001年には、ルイ・ヴィトンやクリスチャン・ディオールを擁するブランドグループ「LVMH」に買収され、現在はLVMHグループの一員となっています。
プロフィール

激ブラ

Author:激ブラ
ブランド品最高!本物で、新作で、お値打ちなら、もっと最高!

広告エリア
広告エリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
広告エリア
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。